今、1億円持ってないなら債券は要らない

投資全般

米国債の利回り低下が止まらない

米国債の利回りがゴンゴンと下がっています。

 

こちらは米国10年債のチャート。

2016年以来の低利回りです。

 

こちらは米国2年債のチャート。

こちらも低い。2017年以来の低利回りです。

 

私は、今数億円持ってなければ、ポートフォリオに債券は不要だと思っています。

 

世界中の資金が債券市場に集まっている

今の世界経済はふわふわとした景気なので、良くも悪くもありません。

なので、先日の関税ショックなど単発案件は別として、世界株安に陥っているわけではありません。(アメリカやインド、インドネシアなどは堅調)

 

しかし、世界的な低インフレは改善せず、7月31日の米国政策金利の引き下げ発表により、前述したように米国債の利回りは大幅に低下。

世界の債券市場でも同様に債券が買われ、利回りの低下が起きています。

各国の政策金利は据え置きか、ニュージーランドやインド、タイは大幅な利下げを実施。

 

ふわふわした雰囲気なら中リスクの債券に群がる

世界的にふわふわした雰囲気なら、全面株高になる雰囲気ではありません。

重石はやっぱり米中摩擦。

 

しかし、世界中の機関投資家にはじゃぶじゃぶとお金が入ってくる。そして、

「そこそこ安全に増やせ」

と、資産家は言う。

 

ファンドマネージャーや個人投資家は利回りを求めてさまよい、債券に群がる。

買いが増えればますます債券利回りは低下する。

 

そして、大して儲からない。リスクはそこそこあるのに。

 

外国債券はうまみが無い

債券は儲からない、リスクがあるというのは、

  • 国内債券は儲からない
  • まともな外国債券は利回りが低い
  • 外国債券はリターンに比べて為替リスクが大きすぎる
  • 債券はインフレに対抗できない

これらが、私が不要だと思っている理由です。

 

まず、債券は国内と国外を分けて考える必要があり、国内はリスクは低いが金利が低いため不要。

そして、リスクが高くて儲からないと言っているのは外国債券のことです。

もちろん、生債券も債券ETFも同じです。

 

人気のBNDやAGGは税引き後の利回りは2%ほど。上記リスクでリターンは消え去るかもしれません。JNKなどのハイイールド債は名前の通りジャンク債。

ハイイールド債に比べたら、債券ではありませんがPFFARCCのほうがマシだと思っています。

 

かといって、VGSHやSHV、SHY、国内債券などは利回りが低い。

ドル建てMMFも同様。

 

債券以外のペーパーアセットは何を持てばいいのさ?

『債券がダメなら何を持てばいいのさ?』

 

この答えは、最近何度か言っていますが、今は円預金と米ドル預金、プラス株式が最強アセットだと思います。(米ドルは米国株投資家の場合)

 

今数億円の資産を持ってない場合、数百万、数千万円しか持ってない場合、無理に債券を組み込んでもリターンはたかが知れています。利回りがいいときは価格が下がる。価格が上がっているときは利回りが下がる。

 

株価の急落時に逆張り買いの資金の置き場所として、債券を買う場合がありますが、価格が下がって損が出るかもしれません。でもしょうがないから損切りする。

債券で安心を得るつもりが、塩漬け株感覚と同じで、疎ましいアセットになるかもしれません。

 

株式を半分以上組み込む投資家の場合、今数億円の資産を持ってないなら現金のほうが遥かに強いんです。

ドル円はベネズエラみたいにハイパーインフレにはなりません。守りに強く、すぐに攻め(株買い)にも使える。

 

割合は人それぞれですが、今私は4割くらいが現金です。特に株の売却はしてないので、これもサラリーマン兼業投資家の強みですね。毎月チャリンチャリンとキャッシュフローがあるのは大きいです。

 

3億円くらいあれば世界は変わる

債券は不要と言っても、資産が多ければ話は全然変わってきます。

イメージ的にはどうだろう? 3億円くらいかな?

3億あれば世界は変わります。

 

3億円のうち例えば、

  • 複数の株式に分散 40%
  • 複数の債券に分散 30%
  • 現金(米ドルや円) 20%
  • その他有価証券や不動産 10%

このようなポートフォリオだった場合、債券は9,000万円分持っています。

 

このくらいあれば例えば、

外国債券A 金利2.0% ⇒ 180万円

外国債券B 金利1.5% ⇒ 135万円

と、税引き後の利回りが0.5%違うだけで、差引45万円も差が出ました。大金のメリットを生かせたわけです。

 

しかし、45万円くらいの利益では、

  • 為替の変動リスク
  • 価格の変動リスク
  • インフレリスク

により消えてしまうかもしれないので、あくまで株式に比べたら安心感があるだけなんです。

 

投資の基本が皆に当てはまるわけじゃない

『債券はポートフォリオの基本だよ!まず債券で固め、株式を肉付けしていくんだ。多くの本にも書いてある。3億円も持ってないと債券が不要なんて理論は聞いたことがない』

という意見もあるでしょう。

 

いや、むしろその意見のほうが圧倒的多数かな。

事実、私も長期投資を目指して勉強中の頃は「株式と債券は半々」と覚えました。(今後も勉強は続く)

 

  • 為替の変動リスク
  • 価格の変動リスク
  • インフレリスク

このような悪いことは重ならないかもしれません。

外国債券は株価の暴落にも踏みとどまるか、むしろ逆相関で好結果になる可能性も十分あります。

 

・・・

 

しかし、

 

仮に3億円が多すぎだとして、じゃあ1億円としましょう。

1億円くらいの資産はないと債券のパワーを存分に生かすことはできないと思っています。

 

利回りがそこそこある債券はしょせんリスク資産。

リスク資産は野獣を飼うようなものなので、低リスクの債券と言えどもガブリと噛まれることもあります。

 

というか外国債券をそもそも低リスクと私は思っていません。度合いは中リスクかな。もちろんジャンク債と短期国債じゃ雲泥の差だけど。

私も以前はVGSH(米国短期国債ETF)を5万ドルくらい持っていました。当時はSBI証券のカストックで貸し株金利が1%もプラスされていたからです。しかし、0.01%に下がったので全て売りました。

 

そして、国内債券は為替リスクはなく、インフレリスクも低そうだけど、利回りが壊滅的に低いからうまみがない。

高齢の大金持ちが銀行のペイオフ対策に買ってるイメージかな。

 

潮目はきっと変わる

冒頭でも言いましたが、トータルの判断材料として、「今は」債券は不要だと思っています。

 

いつになるか分かりませんが、数ヶ月から数年くらいできっと潮目は変わると思います。

何も根拠はありませんが、今までの時代々々で債券は必要とされてきたのに、今後も永久に要らないと思うのは驕りでしょう。

 

でもどうだろう?

先進国の低インフレは常態化しそうな気もするし、昔みたいに国債の利回りが8~10%なんて時代はこないかもね。

 

お金を遊ばせる罪悪感は捨てていい

現金比率を増やさずに債券を買う理由は分かります。それは、

 

「お金を遊ばせたくないから」

 

機関投資家やファンドマネージャーは希望うんぬんじゃなくて、業務として現金比率を嫌でも減らさざるを得ない。

 

個人投資家は、多分優秀な人ほど、

 

「お金は遊ばせちゃいかん!!」

 

と思っているんじゃないだろうか。

 

ちなみに、私は少し前までは強くそう思ってました。(笑)

 

たしかに現金は働かない。

米ドルは多少定期預金とか工夫もできますが、円は楽天銀行に入れてやっと0.1%の金利が付くだけ。

 

でも、局地戦で負けたっていいと最近思うようになりました。

あくまで、勝利は理想のライフプラン成功のためのトータル投資戦略。

 

例えば、ノルマンディー上陸作戦みたいな戦局に大きな影響を与える局地戦なら、会社をサボってチャートに張り付いたり、債券込みでフルインベストメントしたり、120%気合を入れて頑張るのかもしれませんが、今私が外国債券を持つか、米ドルを持つかの違いは、戦局を決定的に変えるもんじゃありません。

なぜなら、私は株式メインの投資家であって、債券メインの投資家じゃないから。

 

だから、「お金を遊ばせる罪悪感」は捨てていいと思うんだ。この条件に限って言えばね。

 

と言っても納得できないかな?

 

・・・

 

う~ん、例えば数値で比較するなら、

債券保有 攻撃力110 防御力60 =合計170

現金保有 攻撃力90 防御力110 =合計200

こんなイメージで私は捉えている。

 

まとめ

以上、「2019年 小金持ちには債券不要論」をどう思いましたか?

 

多分、多くの人には賛同を得られない内容だと思います。

なぜなら、きれいなポートフォリオには何かしらの債券を組み込むものだから。それが常識だから。

 

しかし、

「今は」

とか、

「自分のライフプランと照らし合わせると」

とか、

「自分のアセット比率の場合は」

とか、

「自分の資産額程度では」

などの要素により、常識は非常識になることもあると思います。

 

もちろんじっくり考えてみて、

 

それでも『うん、私には債券が必要だ!』となればそれでいいのです。

良かったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村