FOMCメンバー「タカ派・ハト派」変化表[2019年9月]

投資全般

次回FOMC発表は9月19日3時AM

FOMC(Federal Open Market Committee=連邦公開市場委員会)とは、アメリカの政策金利(FF金利)などの金融政策を決定する会合名であり組織名です。

 

次回FOMCの日程はこちら。

FOMC : 9月17日~9月18日

政策金利の発表 : 9月19日 午前3:00(日本時間)

パウエル議長の声明 : 9月19日 午前3:30(日本時間)

 

FOMCメンバーは計10人。

それぞれ考え方の違うタカ派ハト派、そして中立派に分かれており、その時々で強い勢力が金融政策に大きな影響を与えます。

 

タカ派・ハト派は少しずつ変化していく

FOMCメンバー10人には、

タカ派(猛禽類の鷹=金融引き締め派=景気に強気の見通し=金利を上げたい人)

と、

ハト派(平和の鳩=金融緩和派=景気に弱気の見通し=金利を下げたい人)

がいます。

 

また、上記どちらでもない中立派もいますが、その時々の雇用状況やインフレ状況、経済状況により、自分の立場を変えることがあるんです。

 

2019年FOMCメンバー「タカ派・ハト派」志向の変化はあったか?

では、先月8月からメンバーの志向が変わったのか? 見ていきましょう。

 

以下表は、9月14日現在の2019年FOMCメンバー「タカ派・ハト派」一覧表です。右列の前月とは8月までの志向を表しています。(この表は毎月更新予定)

なお変化の基準は、各人の最近の発言内容を運営者ぱたるが判断し、反映しています。赤字が変化した人。

  名前 役職・地区 現在 前月
チャールズ・エバンズ シカゴ ハトS ハトS
ジェームズ・ブラード セントルイス ハトS ハト
ラエル・ブレイナード  FRB理事 ハト ハト
ミシェル・ボウマン FRB理事 中立 中立
リチャード・クラリダ FRB副議長 中立 中立
ジェローム・パウエル FRB議長 中立 中立
ジョン・ウィリアムズ ニューヨーク 中立 中立
ランダル・クォールズ FRB副議長 タカ タカ
エリック・ローゼングレン  ボストン タカS タカS
エスター・ジョージ カンザスシティ タカS タカS

志向の変化は、

ジェームズ・ブラード:ハト ⇒ ハトS

発言はこちら。

9/3 ジェームズ・ブラード・セントルイス総裁 「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」

 

パウエル議長なんてハト派って言ってもいいんだけど、ちょいちょい中立派のフリしていい子ぶることがあります。

 

※ ハトS=ハト・スーパー:より強いハト派
※ タカS=タカ・スーパー:より強いタカ派
※ 地区名のあとに「○○連邦準備銀行総裁」が正式ですが、記載省略しています。(例:シカゴ連銀総裁)
※ NY以外の連銀総裁は2020年に入れ替わります。

 

2019年FOMCメンバー最近の発言

以下、最近のメンバーの発言です。(全て拾い上げられていない可能性があります)

8/7 チャールズ・エバンズ・シカゴ総裁 「インフレ見通しだけでも追加緩和を要する」

8/22 エスター・ジョージ・カンザスシティ総裁 「景気減速しなければ利下げ必要ない FEDは中立的、7月利下げで緩和的ですらある」

9/3 エリック・ローゼングレン・ボストン総裁 「データ順調ならFRBが直ちに行動する必要ない」

9/3 ジェームズ・ブラード・セントルイス総裁 「FEDは現在よりも0.50%の利下げをすべき」

9/4 ジョン・ウィリアムズ・NY総裁 「米経済は好ましい状況、リスクと不確実性に直面」

9/6 ジェローム・パウエル議長 「米経済は依然として順調に推移、世界経済の鈍化や不確実性、低インフレがリスク」

青はハト派赤はタカ派。

タカ、ハト、中立がバランスよく並んでいます。

 

2020年FOMCメンバー「タカ派・ハト派」志向の変化はあったか?

次に、来年2020年のFOMCメンバーも見てみましょう。(2019年のメンバーは、NY連銀総裁以外は2020年に下記メンバーと入れ替わります。)

  名前 役職・地区 現在 前回
ニール・カシュカリ ミネアポリス ハトS ハトS
ロバート・カプラン ダラス 中立 中立
パトリック・ハーカー フィラデルフィア タカ タカ
ロレッタ・メスター クリーブランド タカS タカ

志向の変化は、

ロレッタ・メスター:タカ ⇒ タカS

 

2020年FOMCメンバー最近の発言

8/22 パトリック・ハーカー・フィラデルフィア総裁 「状況見極めで当面様子見するべきだ」

9/4 ニール・カシュカリ・ミネアポリス総裁 「逆イールドを無視すれば危険、金融政策は貿易戦争に対抗する手段としては弱い」

9/5 ロレッタ・メスター・クリーブランド総裁 「金利モデル、利上げの必要性を示唆」

カシュカリ・ミネアポリス総裁が逆イールドに言及しています。

 

FOMCメンバーの注目人物、ポイントとは?

私が注目している人、ポイントは以下です。

  • パウエルFRB議長
  • NY連銀ジョン・ウィリアムズ総裁
  • 今の金融情勢と逆の支持者(今は緩和傾向なので、タカ派の人)
  • 志向と逆のときが一番サプライズ

詳しくはこちらを参照ください。

 

9月18日のFOMCは利下げか? 据え置きか?

さて、9月18日のFOMCは利下げか? それとも据え置きか?

 

Fedウォッチ(※)を見てみましょう。(※FF金利先物の値動きによるFF金利予測)

9月16日23:20現在。

 

1.75~2.00%へ利下げ : 70.4%

金利据え置き : 29.6%

 

お、据え置き確率がまた上がってる。

3割まで来たか~、こりゃひょっとするとひょっとするか。

 

だが、依然利下げが有力のようです。

 

関連記事

2019年FOMC日程。

FRB、FOMCメンバーの基本情報、注目したほうがいい人物のポイントを解説。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ