グローバル3倍3分法ファンドの純資産が2,000億円突破! 増加率がトップに

投資信託

グローバル3倍3分法ファンドの快進撃が止まりません。

 

設定日2018年10月4日からたった1年で、ついに純資産額が大台の2,000億円を突破しました。

 

人気は1年決算型

グローバル3倍3分法ファンドは「1年決算型」と「隔月分配型」の2種類あります。

 

10月4日時点の純資産は、

1年決算型 2080.78億円

隔月分配型 1059.77億円

と、人気なのは1年決算型のほうです。

やはり、再投資の効率性の高さが受けているんだろう。

 

前月比の純資産増加率でトップに

グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)が、前月比の純資産増加率でトップになりました。

下表はSBI証券の純資産ランキングです。(10月7日現在。数字の単位は百万円)

順位 ファンド名 純資産 前月比
1 グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) 208,078 54,002
2 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) 822,874 52,480
3 ダイワJ-REITオープン(毎月分配型) 309,877 28,768

9月から10月の1ヶ月間で540億円も増やしています。すごすぎる。

 

ていうか、一体誰が買っているんだろう?

投資初心者、ベテラン関係なく人気なんだろうか?

それとも、対面販売で力を入れている金融機関が増えているんだろうか?

 

前年比も見てみましょう。

順位 ファンド名 純資産 前年比
1 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) 822,874 230,976
2 東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型) 664,424 217,655
3 グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型) 208,078 207,928

こっちは3位か。

それでも初めの1.5億円から、1年間で2080.78億円まで増えたので驚異的です。伸び額は3位ですが、伸び率ならダントツの1位。

 

1位と2位はきっと大手の金融機関で販売に力を入れているんでしょう。

野村證券や大和証券の営業マンが、60~70代の富裕層に数千万円~数億円単位で売っている姿が目に浮かびます。

 

1年チャート

1年チャートを見てみましょう。比較するのは以下。

上の茶色:グローバル3倍3分法ファンド
青:ニッセイ外国株式インデックス
オレンジ:iFree S&P500インデックス

グローバル3倍3分法ファンドが相変わらずぶっちぎっています。

図右端で、他ファンドは右肩下がりになっています。多分先日のISMショックのせいですが、グローバル3倍はほぼ下がってませんね。

 

攻めでも守りでも強いグローバル3倍3分法ファンド。

今後も躍進してくれるでしょう。

 

関連記事

今の債券バブルがはじけたときに、どこまで下がるか見ものだぞ。

グローバル3倍3分法ファンドを他と比較してみた。

いいね!と思ったら応援クリックお願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ